top of page
  • kouhou-nantoku

「沖縄は研修に熱い!」放射線治療科 医長 橋本成司

更新日:5月11日

南徳って実際どうなの?

という声に応え、実際に働く職員へインタビュー!


南徳のリアルをお届けしますので、ぜひ最後までご覧ください!

 


 

「この病院の他とは違う特徴は?」


実は急性期病院と言いながらもがん治療にもかなり力を入れていまして、特に放射線治療に関しては全国でもかなり有数の症例を症例をやっている病院です。


沖縄県内で2番目に治療の件数も多いですし、特に当院はサイバーナイフを用いたピンポイント治療定位放射線治療というのを全国でもかなり多くの件数をこなしている方で、症例も豊富です。


初期研修で来ていただいたとしても、放射線科を回っていただければしっかり放射線治療の勉強もやっていただく事ができます。


 


 

「実際どのくらい経験できる?」


放射線治療って非常に専門性が高いので、治療の中心になって手伝ってもらうっていう訳にはなかなかいかない部分はあります。


ですが、治療の現場をお見せすることはもちろんできますし、放射線治療を緊急でやらなくちゃいけない場合も中にはありますので、そういったことを実際の症例を通して学んでいただくことは出来ると思います。


 


 

「沖縄県の初期研修医制度について」


沖縄県自体が初期研修に非常に力を入れている県だと思います。


もう10年くらい前になってしまうんですけれどもその当時から、初期研修医の指導に非常に熱心に取り組んでいる県で、私もそういった教育を受ける事ができて良かったなと思っています。


たとえ2年間だけでも沖縄県で初期研修をやると非常に実力もついてくるという風に思いますので、良かったら前向きに検討してみてください。


 



閲覧数:16回0件のコメント

Comments


bottom of page